公正証書離婚の文例と作成方法をお伝えします

公正証書離婚完成までの流れ

離婚条件の話し合いから始めて下さい。
細部まで話し合うことが出来れば、質の高い公正証書離婚が完成します。

養育費等の条件の話し合いを始める

養育費などの話し合いを始める

各ご夫婦によって話し合う内容は異なりますが、
主に親権・養育費・面会交流・財産分与・慰謝料・年金分割などを協議します。

養育費については長期支払&お金の問題となるので、
大雑把に決めずに、未払率を下げるためにも細かく決めることが大切です。

「何を決めたら良いか分からない」という場合は、
離婚情報を多数掲載している、オリジナルの離婚チェックシートをご利用下さい。

養育費等の条件に合意する

お互いが養育費などの条件に合意する

トントン拍子で話し合いが進むという方は少数で、
様々な葛藤・怒り・不安などを経て合意に至るケースが多いのが現実です。

公正証書離婚はこれらを乗り越えた上で作られるものです。

合意した養育費などの条件を正確に公証役場に伝えられるよう、
簡単なメモ書き(パソコン可)で構わないので、離婚条件を残すようにして下さい。
(※ このメモ書きが公正証書離婚の原案となります。)

公正証書離婚の原案を公証役場に提出

養育費などの条件を公証役場に伝える

公証役場に予約の電話をしてから出向き、
メモ書き(公正証書離婚の原案)を公証人に提出します。

公証人が原案の法的有効性の確認を行い、
問題がなければ、公正証書離婚の原稿作成に着手してくれます。

公正証書離婚の原案に無効な合意があれば、削除されるので、
持ち帰って再協議にならないよう、話し合いの段階から意識して下さい。

公正証書離婚の完成

公正証書離婚の作成日と完成

公正証書離婚の原稿が完成したら、都合の良い日(平日)を予約して、
ご夫婦で公証役場に出向き(必要書類を持参)、署名と押印をして完成となります。
(※ 必要書類については、各公証役場にてご確認下さい。)

公正証書離婚は養育費などの支払が終わるまで、大切に保管して下さい。

当事務所に公正証書離婚作成のご依頼を頂いた場合は、
代理人として原案作成・提出・署名と押印、全ての手続きを行います。
詳しくはこちらをご覧下さい。 → 公正証書離婚作成の流れ

仕切り線1

公正証書離婚の文例と書き方

公正証書離婚の文例を公開しています

【目次】

● 公正証書離婚の文例(書き方)
● 後悔しない公正証書離婚の作り方
● 公正証書離婚作成の流れ
● 公正証書離婚のQ&A
● ご依頼者様の声

公正証書離婚は夫婦間で合意した内容の全てを書きますが、
公証役場に提出するメモ書き(原案)は文例(サンプル)を参考に出来ます。

但し、公正証書離婚の最終作成者は公証役場になるので、
夫婦作成の場合のメモ書きは文例レベルではなく、箇条書きでも問題ありません。

【養育費の文例と書き方】

甲は乙に対し長男の養育費として、
平成30年1月から長男が18歳になる月まで、
1か月金4万円を毎月20日までに長男の口座に振込む。

先ず公正証書離婚の書き方として「甲・乙」を用い、
甲は主に夫(支払者)、乙は妻(お金を貰う側)になるケースが多いです。

公正証書離婚に養育費の合意を記載する場合は、
「対象者・始期・終期・金額・支払日」以上5点を書くことが大切です。

公正証書離婚には離婚後のトラブルを防ぐ「証拠」としての価値があるので、
あいまいな表現は避けて、誰が見ても分かるよう具体的に書くようにして下さい。
(例 養育費の終期が未記載の場合、将来いつまで払うという問題が生じる。)

具体的な表現とは文例のように金額などの数字を入れることを言います。

他にも養育費の文例について掲載しているので、お時間があればご覧下さい。

【面会交流の文例と書き方】

乙は甲が月に1回長男と面会することを認め、
毎月第3土曜日の午前中に実施することで合意した。

公正証書離婚に面会交流の合意を記載する場合は、
離婚時の状況等を考慮した上で「抽象的又は具体的」に書くことになります。

子供が自分の気持ちを主張出来る場合は抽象的(都度協議)に、
逆に幼い場合は具体的(日時や場所などを指定)になるケースが多いです。
(例 子供が中学生だから、子供の気持ちを最優先に尊重する。)

ちなみに当事務所には20代~30代のご依頼者様が多いので、
公正証書離婚には養育費と面会交流の合意を記載するケースが多いです。

他にも面会交流の文例について掲載しているので、お時間があればご覧下さい。

【慰謝料の文例と書き方】

甲の不貞行為で乙が受けた精神的苦痛による慰謝料として、
平成29年12月20日に金100万円を甲を乙に渡し、乙は受領した。

公正証書離婚に慰謝料の合意を記載する場合は、
「支払方法」によって書き方が2通りに分かれるのでご注意下さい。

一括で慰謝料を受取る場合は「証拠」としての価値があり、
分割払いの場合は強制執行に備えて、養育費と同様に具体的に書いて下さい。
(注 公正証書離婚に抽象的な表現で書くと、強制執行が出来ないこともあります。)

慰謝料請求は離婚原因が不貞行為(浮気)やDV(暴力)の場合に出来ます。

今回は割愛しますが、慰謝料を分割で支払う場合、
公正証書離婚には分割の合意に加えて、期限の利益の喪失事項も記載して下さい。

他にも慰謝料の文例について掲載しているので、お時間があればご覧下さい。

【財産分与の文例と書き方】

甲と乙は平成29年12月20に動産の財産分与として、
乙がテレビと冷蔵庫、甲がパソコンを取得することで合意した。

公正証書離婚に財産分与の合意を記載する場合は、
主に「預金・動産・不動産」以上3種類に分けて書くことになります。

財産分与は離婚後のトラブルを防ぐために役立つ内容(証拠)が多いです。
(※ 公正証書離婚には強制執行だけではなく、証拠という効力もあります。)

他にも財産分与の文例について掲載しているので、お時間があればご覧下さい。

【年金分割の文例と書き方】

甲(第1号改定者)と乙(第2号改定者)は
厚生年金保険法第78条の2の規定に基づき、
日本年金機構理事長に対し対象期間(婚姻期間)に係る
被保険者期間の標準報酬の改定又は決定の請求をすること
および請求すべき按分割合を○○○とすることに合意した。

公正証書離婚に年金分割の合意を記載する場合は、
「按分割合の数値」さえ合意出来れば、残りは丸写しで問題ありません。
(例 按分割合を0.5とすることに合意した。)

年金分割の合意は公正証書離婚に記載することも可能ですが、
「年金分割の合意書」として別書類で作成する方が手数料が安くなります。

年金分割合意書の文例も掲載しているので、お時間があればご覧下さい。

【当事務所について】

◇ 全国対応
◇ 公正証書離婚作成 5万円(税込)
◇ 代理人として作成手続きを行う
◇ 時間がかかっても追加料金は0円

当事務所では公正証書離婚の代理作成を5万円で行っており、
報酬を頂く代わりに、質や内容にこだわったものを完成させる自信があります。

又、公証役場には夫婦間の合意内容を提出する必要があり、
この書面の作成や提出、代理人として公正証書離婚作成の手続きも行います。
(※ ご夫婦は1度も公証役場へ足を運ぶ必要はなくなります。)

仕切り線1

公正証書離婚の作り方

公正証書離婚の作り方を解説

公正証書離婚を作る時に大切なことは「夫婦間で話し尽くす」ことです。

話し尽くす=時間をかけて真剣な話し合いをしたことになるので、
離婚した後の揉めごとが減り、将来後悔する確率を低くすることが出来ます。

【最初にやるべきこと】

「何から始めたらいいですか?」
「何が分からないかも分かりません。」

こういった疑問は離婚の情報や知識を集めることで解消出来、
これらはウェブサイト・書籍・行政書士などから得ることが出来ます。

養育費などの情報があれば質の高い話し合いが出来るので、
最終的には後悔しない公正証書離婚の作成へと繋がっていきます。

質の高い話し合いは双方の離婚への意識を高めるので、
「離婚した後も約束を守ろう」という強い気持ちを持つことが出来ます。

この気持ちは養育費などの支払率向上に繋がるので大切です。

Q「養育費などの情報収集は重要ですか?」

例えば、養育費の相場は算定表を利用する方が多いですが、
利用せずに最終合意した場合、離婚した後のトラブルになる可能性があります。
(例 毎月8万円払うと合意したけど、別れた後に算定表では3万円だと知った。)

ちなみに協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるので、
あくまでも養育費算定表は参考程度に利用するようにご注意下さい。

こういう訳で後悔しない公正証書離婚を作る場合は情報収集から始めて下さい。

【情報収集後にすること(作成の流れ)】

① 情報の取捨選択
② 希望する条件をまとめる
③ 話し合いを始める
④ 合意内容をメモに書き留める
⑤ 公証役場にメモを提出
⑥ 公正証書離婚の完成
⑦ 離婚届の提出

離婚に至った経緯や原因によって話し合う内容は変わるので、
先ずは集めた①養育費等の情報の取捨選択から始めることになります。
(例 家は賃貸だから不動産の財産分与の情報は不要。)

次に協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
残った情報の中から、相手に伝えたい②希望条件をまとめていきます。
(例 養育費は毎月5万円で20歳まで払って欲しい。)

夫「養育費5万円は厳しいかな。」
妻「算定表通りだから、払って欲しい。」

③離婚の話し合いはお金の問題がメインになるので、
揉める可能性は高いですが、それを乗り越えて最終合意を目指します。

公正証書離婚は公証役場でしか作ることが出来ないので、
先ずは合意した内容を公証人に伝えて、公正証書の原稿を作ってもらいます。
(※ 公正証書離婚は公証役場の公証人が作成します。)

公「この合意は問題があります。」
妻「一度持ち帰って、夫と再協議します。」

公証人は夫婦(自分)で作った合意内容のメモ書きの確認を行い、
法的に問題があれば、このように修正か削除の選択を迫られることになります。

法的に問題がある合意内容については、公正証書離婚に記載されません。

公正証書離婚は様々なハードルを乗り越えて完成されるものなので、
夫婦(自分)で作れる離婚協議書に比べて、大きな効力を得ることが出来ます。
(※ 離婚協議書と公正証書離婚の違いについてもご覧下さい。)

【公正証書離婚を早く作る方法】

◇ 専門家へ依頼をする
◇ 離婚チェックシートを活用する

公正証書離婚は公証役場でしか作れませんが、
公証人に渡すメモ書き(原案)は自分(夫婦)で作らないといけないので、
この作成を行政書士などへ依頼することで、作成期間を短縮することが可能です。

公正証書離婚の作成を専門にしている行政書士などは、
養育費などの知識を持っているので、情報や知識の収集期間を省略出来ます。
(例 養育費の金額の算出方法や終期の考え方などの知識を持っています。)

Q「離婚チェックシートはどのようなものですか?」

当事務所では公正証書離婚作成のご依頼を受けた時場合、
始めにこれまでの経験を反映した離婚チェックシートをお渡ししています。
(注 チェックシートのみの販売は行っておりません。)

妻「養育費の終期は4つの内どれにする?」
夫「選択肢Cの20歳までにしたいけどいいかな?」

離婚の話し合いに必要な情報は全て載っているので、
このようにチェックシートを読みながら最終合意が出来ます。
(例 養育費・面会交流・慰謝料・財産分与・年金分割など、計63項目掲載。)

話し合う項目が多い=真剣な協議に繋がるので、
質が高く内容の濃い公正証書離婚の完成が期待出来ます。

仕切り線1

公正証書離婚のQ&A

公正証書離婚のメリットやデメリットをお伝えします

公正証書離婚は1人でも作れますか?

公正証書離婚には強制執行という強い効力があるので、
勝手に1人で作ることは出来ず、必ず夫と妻の同意が必要になります。

つまり一方が公正証書離婚の作成を拒否している場合は、
3つの選択肢(諦める・離婚協議書作成・調停に進む)から選ぶことになります。

仮に公正証書離婚の作成を諦めた場合は、合意内容を口約束で終えます。

公正証書離婚は夫婦(自分)で作れますか?

公正証書離婚は公証役場でしか作れないので、
離婚協議書のように夫婦(自分)だけで完成させることは出来ません。

但し、公正証書離婚を作る前段階として、
養育費などの離婚条件の合意を夫婦間で終えている必要があります。

公正証書離婚には何を書きますか?

各ご夫婦によって公正証書離婚に書く内容は変わります。

例えば子供がいる場合は養育費や面会交流がテーマになり、
離婚原因が相手の浮気の場合は慰謝料がテーマになるケースが多いです。

公正証書離婚の文例はありますか?

公正証書離婚の文例はインターネット上に多数掲載されており、
当事務所でも公正証書離婚の雛形と文例集を公開しているので是非ご覧下さい。

但し、公正証書離婚の原稿は公証役場で作られるので、
合意した離婚条件は文例レベルではなく、メモ書き程度でも問題ありません。

公正証書離婚を作るのに費用はかかりますか?

公正証書離婚は無料で作ることは出来ず、
合意条件の内容に応じて公証役場に対して手数料の支払いが必要です。
(例 養育費の支払額が○円だから、手数料は△円になります。)

公証役場手数料の計算方法を公開しているので、お時間がある時にご覧下さい。

公正証書離婚は厳格な手続きを経ることで大きな効力を得られるので、
完成までのハードルは高く費用もかかりますが、作る価値は十分あります。

公正証書離婚の完成までどれくらいかかりますか?

公証役場に養育費などの合意内容を提出してから、
公正証書離婚の完成までは約1週間程度かかることが多いです。
(注 行政書士へ代理作成を依頼した場合は2週間程度かかります。)

ただ公証役場の混み具合によっては、公正証書離婚の完成期間にズレが生じます。

あとは各ご夫婦によって養育費などの合意までの時間が異なるので、
1か月で公正証書離婚が完成することもあれば、1年以上かかることもあります。
(例 養育費の支払額で揉めていて、話し合いが平行線となっている。)

公正証書離婚のメリットを教えて下さい。

公正証書離婚を作ることで強制執行という効力を得られるので、
養育費などのお金の支払が滞った場合、財産(給与等)の差押えが出来ます。

又、公正証書離婚という書類が残るので、
離婚後、合意条件のトラブルが起きた時に証拠として活用出来ます。
(例 養育費5万円で約束したのに、ある日突然3万円だと主張してきた。)

この証拠は支払者(主に夫)にとってもメリットと言えるので、
作成を渋っている夫がいる場合は、この事実を知らせることから始めて下さい。
(※ 公正証書離婚には夫にもメリットがあることを知らない方が多いです。)

公正証書離婚のデメリットを教えて下さい。

公正証書離婚を作ることで強制執行が出来ますが、
相手が無職などで財産がない場合は、差押えをすることが出来ません。

つまり公正証書離婚を作っても100%安心することは出来ず、
あくまでも口約束に比べて、養育費などの支払率を高める方法となります。
(※ 支払率の高さは口約束(低い)→離婚協議書→公正証書離婚(高い)となります。)

離婚届の提出時期はいつになりますか?

公正証書離婚の作成後に提出することが望ましいです。

ちなみに公証役場にメモ書きを提出から完成まで1週間程度かかるので、
年内に公正証書離婚を完成させて離婚届を提出したい場合はご注意下さい。
(※ 特に12月は公証役場が混雑する可能性が高いです。)

公証役場では公正証書離婚以外の書類(遺言書等)も作成しています。

離婚した後に公正証書離婚は作れますか?

公正証書離婚は離婚前・後、どちらのタイミングでも作れます。

但し、公正証書離婚は双方の同意がないと作れないので、
離婚後に作る場合、相手が嫌がって拒否するリスクがあるので、
出来る限り離婚届の提出前に公正証書離婚を完成させることが望ましいです。

ちなみに当事務所では離婚前に公正証書離婚を作られるご夫婦が多いです。

仕切り線1

ご依頼者様の声

公正証書離婚を作った岡山県の女性の声

岡山県 女性 公正証書離婚作成

私の場合は、0歳の子の育児の疲れと離婚協議のストレスで
頭が回らない状態でしたが、
電話では、大変わかりやすく穏やかに説明して下さり、
その内容を毎回メールで送って下さったので、助かりました。

また、夫が養育費を払いたくない様子で協議が長引いていましたが、
先生の的確なアドバイスのお陰で、
養育費を含めた協議書の内容を決める事ができました。
(※ 当事務所では公正証書離婚の原案として離婚協議書を作っています。)

辻先生のように、親身になって相談にのって下さる方でなかったら、
話もまとまっていなかったかもと思うと
辻先生を選んで本当に良かったという気持ちで一杯です。

味方になって下さり、とても心強かったです。

公正証書が出来た時、先生が、
『子供さんの手続きなど別れてからが大変だと思いますが、頑張って下さい。
わからないことがあれば、いつでも連絡を下さい』
と言って下さったのが本当に嬉しく、心に残っています。
(※ 公正証書離婚が出来ても、子の氏の変更許可の申請等が残っています。)

公正証書離婚を作った埼玉県の女性の声

埼玉県 40代 女性 A様 公正証書離婚作成

離婚協議における公正証書の作成でお世話になりました。

公正証書を作るのは初めての経験でしたので、
何から始めればよいのか混乱していた中、
辻先生には私の希望することをロジカルに文書にしていただきました。

トゲのない書き方で、
かつこちらの希望はしっかりと盛り込めて、大変満足しています。
お陰様で、協議中元夫からは異論反論なく、すんなりと協議が終了しました。

もし先生に頼っていなければ、
私たちは感情的にお互いを傷つけあいながらの離婚になっていた事と思います。

また、辻先生は、
電話やメールでご相談する時間についてもフレキシブルに対応してくださり、
子育てのために自由になる時間があまりない中、
柔軟に相談に乗ってくださったのは助かりました。

説明の仕方もとても丁寧で、
また、抜け漏れがないようにリマインドしてくださったり、
励ましてくださったりで、予想以上にスムーズに事は運びました。

離婚という人生を大きく変える出来事において、
辻先生が味方でいてくださって本当によかったです。

他にご協力頂けたご依頼者様の声はこちらをご覧下さい。