離婚を考えたらお気軽にご相談下さい

離婚協議書と公正証書の違いとは

離婚の無料相談を実施中です

今回は離婚協議書公正証書の違いについてお伝えします。

離婚協議書と公正証書の違いを説明する前に、
共通点をお伝えすると、離婚条件を書面に残すという点だけです。

離婚条件とは親権・養育費・面会交流・慰謝料・財産分与などを言います。

【離婚協議書と公正証書の違い】

① 作成方法の違い
② 作成日数の違い
③ 効力の違い

離婚協議書は自分(夫婦)で作成~完成まで出来ますが、
公正証書は全国各地にある公証役場(原案は自分で作る)でしか作れません。

つまり自分で離婚協議書を作る場合は費用がかかりませんが、
公正証書は公証役場へ支払う手数料が必要なので、費用はかかります。
(※ 手数料は一律ではなく、離婚条件によって変わります。)

ちなみに離婚協議書や公正証書の原案は当事務所でも作成出来ます。

次に上述の通り、離婚協議書は自分で作ることが出来るので、
離婚条件の合意さえ出来ていれば、1日で完成させることも可能です。

一方、公正証書は公証役場での原案チェックなどを受けるので、
公証役場の混み具合にもよりますが、完成まで数日~10日程度はかかります。
(※ 予約状況については、各公証役場にて確認をして下さい。)

一般的に公証役場へは原案提出と作成日、計2回出向くことになります。

最後に離婚協議書と公正証書の違いとして効力があり、
公正証書を作った場合、強制執行という強い力を得ることが出来ます。

一方、離婚協議書を作ってもこの強制執行という効力はありません。

夫「今月の養育費は払わないから。」
妻「分かりました。強制執行の手続きを考えます。」

強制執行という効力を簡単にお伝えすると、離婚した後、
養育費や慰謝料などの支払が滞った場合、裁判を経ずに差押えが出来ます。
(例 支払者の給料などを差押えて、未払い分を回収する。)

公正証書を作ることで、この強制執行という効力を得れるので、
どちらを作るか悩んだ場合は、費用がかかっても公正証書作成をお勧めします。
(※ 当事務所での依頼割合は離婚協議書が1割、公正証書離婚が9割です。)

こういう訳で両方の書類を作るという選択肢はないので、
離婚協議書と公正証書の違いを理解して、どちらを作るか決めて下さい。

【関連記事】
離婚協議書の特徴とは
失敗しない離婚協議書の作り方
離婚協議書の長所と短所
離婚協議書完成までの手順
公正証書離婚完成までの手順

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚準備ブログの目次もご覧下さい。

【離婚の準備ブログ 2017/01/30】