離婚を考えたらお気軽にご相談下さい

預貯金の財産分与の書き方について

離婚の無料相談を実施中です

離婚協議書公正証書離婚を自分(夫婦)で作る場合、
どのように合意をして書けばいいかと、悩まれる方が多いので、
複数回(全4回)に分けて、財産分与の書き方をお伝えさせて頂きます。

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
財産分与の合意内容についても、お互いが納得すれば自由に決定出来ます。

【預貯金の書き方】

甲および乙は、
平成29年4月1日に
甲名義の預貯金200万円について
甲が100万円、乙が100万円を
受取ることで合意した。

先ず離婚協議書や公正証書離婚を作る場合は、
夫は甲、妻は乙という表現を用いて作成することになります。
(注 夫婦間の離婚条件によっては、甲と乙が反対になることもあります。)

基本的に預貯金は直ぐに現金化出来るものなので、
分配金額の話し合いがスムーズに進めば、直ぐに合意が出来ます。

Q「どのように分配したらいいですか?」

一般的に折半(半分ずつ)が妥当だと考えられていますが、
離婚時の状況などを考慮した上で、柔軟な合意を交わすことをお勧めします。
(例 子供が幼くて仕事が出来ないので、妻に預貯金を多く渡す。)

預貯金の財産分与の書き方のポイントとしては、
合意した日・預貯金総額・分配金額、以上3点を書くようにして下さい。

Q「なぜ合意日を書く必要がありますか?」

預貯金の財産分与を書く理由は、トラブル防止に役立つので、
書き方(文例)の通り、平成29年4月1日に清算したという証拠が必要になります。

特に公正証書離婚は強制執行のためと考えられがちですが、
このように離婚後のトラブルを減らすという、証拠としての役割があります。

財産分与では主に証拠の記載がメインとなります。

Q「夫名義の預貯金は分配出来ませんか?」

預貯金の財産分与では名義人は関係がないので、
仮に夫名義だったとしても、妻にも一部を受取る権利があります。

もちろん逆のケース(妻名義の預貯金)でも、財産分与の対象になります。

今回は分かりやすいケースの書き方をお伝えしましたが、
複数の口座がある場合の書き方もあるので、お気軽にご相談下さい。

【関連記事】
電化製品の財産分与の書き方
自動車の財産分与の書き方
不動産の財産分与の書き方
預貯金といったお金の財産分与

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚準備ブログの目次もご覧下さい。

【離婚の準備ブログ 2017/04/04】