離婚を考えたらお気軽にご相談下さい

年金分割合意書の書き方について

離婚の無料相談を実施中です

離婚協議書公正証書離婚を自分(夫婦)で作る場合、
どのように合意をして書けばいいかと、悩まれる方が多いので、
1回だけの解説となりますが、年金分割の書き方をお伝えさせて頂きます。

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
年金分割の合意内容についても、お互いが納得すれば自由に決定出来ます。

年金分割の中でも合意分割に該当する場合、話し合いが必要となります。

【合意書の書き方】

甲(第1号改定者)および乙(第2号改定者)は、
厚生年金保険法第78条の2の規定に基づき、
日本年金機構理事長に対し
対象期間(婚姻期間)に係る被保険者期間の標準報酬の
改定又は決定の請求をすることおよび請求すべき按分割合を
0.5とすることに合意した。

先ず年金分割の合意書を作る場合は、
夫は甲、妻は乙という表現を用いて作成することになります。
(注 夫婦間の離婚条件によっては、甲と乙が反対になることもあります。)

年金分割は按分割合の話し合いがメインテーマなので、
按分割合の合意さえ出来れば、書き方(文例)の丸写しで問題ありません。
(※ 書き方では按分割合を0.5としております。)

つまり按分割合の数値以外は、どのご夫婦も同じ書き方となります。

按分割合は折半が公平かつ妥当だと考えられているので、
当事務所でも折半(0.5)という結論を出すご依頼者様が多いです。

Q「按分割合の注意点はありますか?」

按分割合の最大値は全てのご夫婦が同じ数値(50%)ですが、
最小値は異なるので、話し合いの前に年金分割の情報通知書を取得して下さい。

情報通知書は最寄の年金事務所で取得することが出来、
内容を確認すると、○%~50%という按分割合の範囲が記載されています。

情報通知書に書かれている○%が按分割合の最小値となります。

ちなみに書き方(文例)にある改定者という表記ですが、
年金分割によって減るのが第1号、増えるのが第2号となります。

一般的に第1号は夫、第2号は妻が該当するケースが多いです。

こういう訳で年金分割合意書を作る場合、
按分割合の合意さえ出来れば、直ぐに完成させることが出来ます。

【関連記事】
年金分割とはという疑問の入門編
3号分割とはという疑問に回答
合意分割とはという疑問に回答
年金分割と公正証書の関係

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 無料相談

3分で読める離婚準備ブログの目次もご覧下さい。

【離婚の準備ブログ 2017/04/11】