年金分割合意書の書き方について解説

年金分割合意書の書き方

年金分割合意書の書き方に関するご相談はお任せ下さい

年金分割合意書の書式や書き方をお伝えする前に
注意点を2つお伝えします。大事なことなので必ずお読み下さい。

先ず年金分割の手続きは婚姻時期や婚姻中の働き方に応じて、
手続きの方法が決定されています。具体的には3号分割、合意分割があります。
(例 令和元年に結婚して、婚姻中は専業主婦だったから3号分割に該当する。)

1つ目の注意点として手続き方法が3号分割に該当する場合、
年金分割合意書を作る必要はありません。このページの情報は不要となります。
詳しくは年金分割の3号分割を知りたいをご覧下さい。

年金分割合意書が必要になるのは合意分割に該当する方のみです。
但し、離婚後に元夫婦が揃って手続きが出来る場合は作る必要はありません。
詳しくは年金分割の合意分割を知りたいをご覧下さい。

次に離婚公正証書に年金分割の合意を入れる方もいますが、
離婚公正証書とは別に年金分割合意書を作ることをお勧めします。

なぜなら年金分割合意書を作る場合、公証役場手数料が安いからです。
これが2つ目の注意点となりますので、この機会に是非知っておいて下さい。

↓が年金分割合意書の書式や書き方となります。

第6条 年金分割の合意

甲(第1号改定者)および乙(第2号改定者)は、
厚生年金保険法第78条の2の規定に基づき、
日本年金機構理事長に対し、対象期間(婚姻期間)に係る
被保険者期間の標準報酬の改定又は決定の請求をすること
および請求すべき按分割合を0.5とすることに合意した。

合意分割では按分割合の話し合いがメインテーマになるので、
按分割合の合意さえ出来れば、書式(書き方)の丸写しで問題ありません。
(※ 上記書式では按分割合を0.5(50%)としています。)

つまり按分割合の数値以外は全ての夫婦が同じ書式となります。
書式には難しい言葉が並びますが、基本的には数値だけを注目して下さい。

ちなみに按分割合は折半が「公平かつ妥当」だと考えられているので、
按分割合で揉めることはなく、折半(0.5)で合意するご依頼者様が多いです。

当事務所では離婚公正証書、離婚協議書を作成しています。
離婚公正証書の詳細はこちら、離婚協議書の詳細はこちらをご覧下さい。

Q「按分割合は折半以外で合意しても良いですか?」

上述の通り、夫婦間の話し合いで決めることになるので、
お互いが納得すれば、折半(0.5)以外の数値で合意しても問題ありません。

但し、最大値は全ての夫婦が0.5(50%)と決まっていますが、
最小値はバラバラなので、事前に年金分割の情報通知書が必要となります。
情報通知書には「○%~50%」という形で各夫婦の最小値が記載されています。
(※ この「○%」の数値が40だったり、45だったりとバラバラになります。)

情報通知書の詳細は年金分割の情報通知書を知りたいをご覧下さい。

Q「書式の第1号改定者、第2号改定者の意味を教えて下さい。」

離婚後、年金事務所にて合意分割の手続きをした結果、
年金受給額が減るのが第1号改定者、増えるのが第2号改定者となります。

ちなみに婚姻期間中の働き方(収入)によっては、
第1号改定者(減る側)が夫ではなく妻になるケースも出てきます。

この改定者の情報も年金分割の情報通知書に記載されています。
(例 第1号改定者の欄に夫の氏名、第2号改定者の欄に妻の氏名が記載。)

最後に当事務所に離婚公正証書などの作成依頼を頂いた場合、
協議離婚で必要な離婚条件を全て掲載した離婚チェックシートをお渡しします。

離婚チェックシートがあれば離婚条件を調べる時間を省略出来るので、
今こうやってインターネットなどで情報を集める必要は一切なくなります。

年金分割以外の条件も含めて63個掲載しています。
具体的には養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、通知義務などです。

当事務所では初回無料相談を実施しているので、お気軽にご利用下さい。