協議離婚に役立つブログを掲載しています

後悔しない終了までの進め方

離婚の無料相談を実施しています

協議離婚が終了するまでの進め方をお伝えします。

先ず協議離婚は養育費などの離婚条件について、
夫婦間の話し合いで進めることが出来、自由に決定(合意)することが出来ます。

協議離婚には自由という特徴があるので、話し合いを始めるまでに、
じっくりと自分の希望や離婚条件をまとめてから、進めることが大切です。
(例 養育費は高校卒業まで毎月2万円を払って欲しいと決める。)

効率良く進める方法を理解すれば、協議離婚の終了も早まります。

【情報収集からスタート】

◇ ウェブサイトを利用する
◇ 書籍を購入する
◇ 経験者に相談をする
◇ 専門家に相談をする

相手に伝える離婚条件をまとめるための準備としては、
離婚の情報が必要となり、これらの媒体から集めることになります。

両親の協力を得ることが出来れば、情報収集のスピードも上がります。
(※ 当事務所への相談時にご両親が同席されるケースも多々あります。)

例1「慰謝料請求はしないから、この情報はいらない。」
例2「養育費のボーナス払いも出来るなら、この情報は必要だ。」

次に集めた情報の中から必要か不要かの取捨選択をしてから、
頭の中を整理して、例1や2のように相手に伝えたことを具体化して下さい。

そして整理した考えをもとに相手との話し合いを開始します。

【話し合いのポイント】

◇ 自分の希望が100%叶う可能性は低い
◇ 妥協出来る点、出来ない点の判断が大切

離婚原因にもよりますが、全ての希望を通すことは難しいので、
妥協出来る点、出来ない点の判断を間違えず、慎重に進めることが大切です。
(例 面会交流の回数は妥協出来るけど、養育費の金額は妥協出来ない。)

離婚原因が浮気(不倫)の場合、希望が通りやすい傾向となります。

どうしても妥協出来ない条件があり、話し合いも進まない場合、
協議離婚の成立を諦めて、家裁で行う調停に進むという選択肢もあります。

【話し合いの注意点】

夫「細かい条件は離婚してから話そう。」
妻「それでいいよ。先に離婚届を提出しよう。」

色々な事情があって、話し合いの一部を先延ばしにして、
離婚後、生活が落ち着いてから残りの条件を話し合う方もいらっしゃいます。
(例 保育園の入園の関係から、今月中に離婚届を出さないといけない。)

この方法だと相手が応じてくれないリスクも抱えるので、
余程の事情がない限り、話し合いが終了してから届を提出することをお勧めします。
(例 養育費の終期について話し合いを求めたけど、非協力的で困っている。)

離婚前に話し尽くすことが、後悔しない協議離婚の終了までの進め方です。

最後に話し合いが終了となれば、離婚届を提出して成立となりますが、
離婚公正証書や離婚協議書を作る場合は、離婚前に作ることをが望ましいです。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる方の不安などを解消させて頂きます。無料相談も実施中。