協議離婚に役立つブログを掲載しています

妻が再婚したら養育費はどうなる

離婚の無料相談を実施しています

離婚公正証書や離婚協議書を作る過程で、
養育費と再婚の関係について↓のご質問を多数頂きます。
離婚公正証書の詳細はこちら、離婚協議書の詳細はこちらをご覧下さい。

今回のテーマである「妻が再婚した場合の養育費」の話とは逸れますが、
養育費の相場をテーマにした離婚に伴う養育費の相場を知りたいもご覧下さい。

Q「妻が再婚したら養育費はどうなりますか?」
Q「妻が再婚しても、養育費は払わないといけませんか?」

今回は離婚に伴い妻が親権者になったというケースでお伝えします。

【離婚した時の条件】

◇ 親権者は妻がなる
◇ 養育費は毎月4万円払う
◇ 子供が20歳になるまで払う
◇ 合意条件を離婚公正証書に残す

離婚の話し合いでこのような条件で合意しましたが、
離婚してから5年後、妻がAさんと再婚することになりました。

そして再婚時に子供とAは養子縁組することになりました。

【実父の気持ち】

「新しい父親(A)が面倒見るだろう。」
「Aが面倒見るし、養育費を払わなくていいだろう。」

元妻が再婚したという事実を知った実父(元夫)の気持ちとしては、
このように養育費は払わなくていい(支払義務の消滅)と考えることが多いです。

たしかに養子縁組することで、子供とAには扶養義務が生じますが、
実父との親子関係が切れる訳ではないので、支払義務が消滅することはありません。
(※ この扶養義務はAが実父より優先されることになります。)

実父「再婚したんだから養育費を下げてくれないかな?」

但し、養育費の支払義務が消滅しない(0円)と言っても、
このように実父から元妻に養育費の減額を求める(請求)ことは可能です。

この請求は2人(元夫と元)の話し合いで解決を目指しますが、
合意が出来ない場合は、家庭裁判所の調停で結論を出すことになります。

調停の申立は任意なので、申立をしない場合は金額の変更は起きません。

再婚に伴う養育費の再協議を希望される夫婦が多いので、
離婚公正証書や離婚協議書には再婚通知義務を入れるケースが多いです。
(例 再婚した場合は○日以内に通知をする。)

ちなみに減額請求の合意(4万円から3万円)がされた場合は、
離婚公正証書や離婚協議書に記載している金額変更の手続きを忘れないで下さい。

A「前夫からの養育費なんていらないよ。」

最後にこれは再婚しないと分からないことですが、
このように自分のお金で子供を育てるという再婚相手もいらっしゃいます。

つまり再婚に伴う養育費の再協議は元夫婦間の話し合いですが、
この協議の結論については、間接的に再婚相手の心情が絡むこともあり得ます。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる方の不安などを解消させて頂きます。無料相談も実施中。