協議離婚に役立つブログを掲載しています

効率の良い財産分与の話し合い

離婚の無料相談を実施しています

協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すものなので、
財産分与の条件については、夫婦間で自由に決めることが出来ます。

財産分与とは婚姻期間中に蓄えた財産を分配(清算)することを言います。

財産分与の条件に関する話し合いの進め方としては、
婚姻期間中に蓄えた財産の一覧表を作ることから始めます。

この一覧表はメモ用紙に箇条書きで書くレベルで問題ありません。

【財産の一覧表】

① ノートパソコン
② デスクトップパソコン
③ 32型のテレビ
④ ブルーレイレコーダー
⑤ 冷蔵庫
⑥ 夫名義の預貯金80万円

先ず財産の一覧表が完成してからの進め方として、
夫婦間でどのように分配するかという、話し合いを始めます。

つまり誰が何を取得するかという話し合いとなります。

夫「家に残るから①~⑤は譲って欲しい。」
妻「実家に戻るから、⑥預貯金全額譲って欲しい。」

上述の通り、夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
このように各夫婦の自由な意思で、分配方法を決定出来ます。

今回の財産分与では夫が動産(家電)、妻が現金を受取ることになりました。

ちなみに難しい言葉で分配(清算)する財産を共有財産と言い、
分配しない財産(独身時代の貯金や相続した財産)を特有財産と言います。

Q「分配する割合は折半(50%)ではないのですか?」

財産分与の分配割合は折半が妥当かつ公平と考えられますが、
離婚時の状況に応じて、柔軟に対応(折半以外)しても良いと考えます。

上記の例だと、夫は家に残るから家電が必要となり、
妻は実家に戻るから家電は不要で、預貯金をもらいたいと考えています。

これが財産分与の話し合いにおける進め方となります。

【話し合いを終えたら】

① 口約束で終える
② 離婚協議書を作る
③ 離婚公正証書を作る

夫婦間で合意した財産分与の条件の終わらせ方については、
分配方法の話し合いと同じで、各夫婦の判断で3つの選択肢から選べます。

元妻「ノートパソコン譲ってくれないかな?」
元夫「全ての家電をくれる代わりに預貯金を譲ったじゃないか。」

合意した財産分与の条件を口約束で終えた場合、
離婚後、このようなトラブルに発展するリスクを抱える可能性があります。

このリスクを減らすためには、②や③といった書面の作成をお勧めします。

離婚協議書や離婚公正証書といった書面を作る(残す)ことで、
合意条件が紙に残る(証拠)ので、このようなトラブルを防ぐことが出来ます。
(※ 厳密には清算条項という条件を書面に残すことで防げます。)

ちなみに財産の一覧表に細かい物(ドライヤーなど)まで入れると、
分配(清算)する財産の量は増えて大変なので、切り捨てることも大切です。
(注 全ての家電を書面に残す場合、とんでもない量になることが予想されます。)

切り捨てた財産は口約束で終えることになります。

こういう訳で効率の良い財産分与の話し合いの進め方としては、
共有財産の一覧表を作り、合意した条件を書面に残して終えることになります。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる方の不安などを解消させて頂きます。無料相談も実施中。