協議離婚に役立つブログを掲載しています

揉めた時は3つの選択肢から選ぶ

離婚の無料相談を実施しています

協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すものなので、
離婚時における財産分与の条件は、自由に決めることが出来ます。

そして協議離婚における財産分与とは、
婚姻期間中に蓄えた財産を夫婦間で分配(清算)することを言います。

財産の分配方法は折半(50%)が公平かつ妥当なので、
夫婦間に特別な事情がない限り、話し合いで揉める可能性は低いです。
(例 離婚後、幼い子供の面倒を見る母親に預貯金を多目に分配する。)

不動産の財産分与については揉める可能性はありますが、
動産(電化製品など)や預貯金の財産分与で揉めるご依頼者様は少ないです。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書を作成しています。
離婚公正証書の詳細はこちら、離婚協議書の詳細はこちらをご覧下さい。

それでも話し合いで揉めた時の対策について↓でお伝えします。

【話し合いで揉めた時は】

① 自分が折れて相手に譲る
② 粘り強く話し合いを続ける
③ 協議離婚の成立を諦める

財産分与で揉める原因は分配方法(比率)が多く、
そのような状況では①~③の選択肢から1つを選ぶことになります。
(例 預貯金の分配を折半ではなく、6対4にしたいと言われて揉める。)

例1「財産分与は折れるけど、養育費の条件は譲れない。」

協議離婚で話し合う条件は財産分与だけではないので、
このように①ここは折れて、他の条件を有利に進めるという方法もあります。

余程の事情がない限り、100対0の条件は出ないので、
お互いが折れる、折れないを繰返しながら最終合意を目指していきます。
(※ 離婚原因が浮気の場合は、浮気をされた側が有利になりやすいです。)

例2「愛着があるから車だけは譲って欲しい。」

財産分与は婚姻期間中に購入した物を分配するものなので、
一方に思い入れがある物については、②粘り強く話し合いを続けることになります。

財産分与を考える場合「愛着がある物」という視点で考えることは大切です。

例3「話し合いを続けても無理そうだな。」

夫婦間の話し合いが進まなくて平行線の場合は、
③協議離婚の成立を諦めて、家庭裁判所の調停などに進むことが出来ます。

調停離婚などは裁判所が関与して解決を目指すものなので、
夫婦間の話し合いで結論を出す協議離婚とは、特徴が異なります。

上述の通り、財産分与(不動産は除く)で揉めるご依頼者様は少ないですが、
離婚後のトラブルを防ぐためにも、合意条件を書面化することをお勧めします。

書面とは離婚公正証書や離婚協議書を言います。
書面化することで証拠としての効力が生まれ、合意条件の蒸し返しを防げます。
(例 愛着のある車を取得して離婚したけど、売却して欲しいと言われ揉める。)

当事務所に離婚公正証書や離婚協議書のご依頼を頂いた場合は、
財産分与の条件を掲載した離婚チェックシートをお渡ししております。

チェックシートがあれば財産分与の情報を集める時間を省略出来ます。
具体的には財産分与以外の条件も含めて63個掲載(全13ページ)しています。
(※ 養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割、通知義務などを掲載。)

仮に自分で離婚公正証書や離婚協議書を作る場合は、
離婚後に揉める確率を減らすためにも、財産分与の情報収集を怠らないで下さい。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる方の不安などを解消させて頂きます。無料相談も実施中。