協議離婚に役立つブログを掲載しています

養育費の金額で揉める|第6話

離婚の無料相談を実施しています

協議離婚の流れ(進め方)を理解出来るように、
複数回にわたって物語形式(フィクション)でお伝えさせて頂きます。

物語は全26話ありますが、1話あたり数分で読める内容にしています。
(※ 全体の流れを掴むことで、効率の良い話し合いが期待出来ます。)

【登場人物】

夫 田中 一郎(会社員)
妻 田中 花子(専業主婦)
子 田中 琴梨(5歳)

田中一郎と花子は大学時代のサークル仲間から恋愛関係になり、
2人が就職してから3年後に結婚をして、現在8年目の夫婦となります。

花子は結婚と同時に仕事を辞めて、専業主婦として一郎を支えていました。

花子は琴梨の養育費として毎月5万円を希望しましたが、
一郎の中では5万円は厳しいと考えて、3万円を提示しました。

花子の予想では4万円前後で提示されると考えていたので、
一郎が書いた離婚条件のメモを見て、3万円という提示には驚きました。

ただ花子は明確な根拠があって5万円を希望していました。

花子「養育費算定表を使って5万円を希望しました。」
一郎「分かっているけど、現実的に厳しいから揉めるの覚悟で3万円にした。」

養育費算定表とは夫と妻の年収に応じて、
養育費の金額(○万円~○万円)を算出してくれる表となります。
(※ インターネットで検索すると、多数のページがヒットします。)

一般的に協議離婚で養育費の話し合いを進める場合、
養育費算定表の金額をベースに、個々の事情に応じて支払額を決めます。
(※ あくまでも参考金額になるので、絶対的な基準ではありません。)

一郎の年収は300万円(花子は0円)だったので、
養育費算定表を見ると「4万円~6万円」と書かれていました。
(※ 令和元年12月23日に公表された改訂養育費算定表で計算しています。)

そして花子は間をとって、一郎に5万円を希望しようと考えました。

花子「養育費は琴梨のためのお金だよ。」
花子「少しでも安く済ませたいって考えているの。」

養育費算定表を知っているのに「厳しい」と言う一郎に対して、
花子はこのような不信感を覚えましたが、養育費は譲れないと思いました。
(※ 養育費の金額で揉めるケースは多いです。)

花子「5万円が厳しいという理由を教えて欲しい。」

琴梨のためにも折れることは出来ず、その理由を求めたので、
一郎は勇気を出して、5万円が厳しい(払えない)理由を話し始めました。

一郎「実は少し借金があるんだ。」
一郎「その返済があるから、5万円は厳しい。」

一郎はギャンブルなどをしない真面目な性格なので、
花子は一郎から借金の告白を受けて、信じることが出来ませんでした。

花子「どうして借金をしたの?」
一郎「親父の入院費が厳しくて借りた。」

たしかに一昨年、一郎の父親が長期入院をすることになって、
入院費用などの負担が厳しくて困っていると、花子は聞いていました。

一郎「これを見て欲しい。揉めることになってごめん。」

そして一郎は花子に借金の返済計画書(原本)を渡して、
確認した結果、この状況だと毎月5万円は厳しいかなと思いました。

ただ琴梨の将来を考えると、簡単に引くことは出来ないので、
揉めることになっても毎月の養育費に加えてボーナス月にも払ってと伝えました。

借金と養育費は分けて考えるものですが、花子は現実的な判断をしました。

花子「ボーナス月に12万円払えるなら、3万円を受入れる。」

この方法だと毎月の養育費は減ります(5万円→3万円)が、
年間で考えると、減少分をボーナスでカバー出来るので総額は変わりません。
(例 3万円×1年+12万円×年2回のボーナス払い。)

一郎「少し考える時間を欲しい。」

一郎はボーナス月との併用なら払えると思いましたが、
支払のシュミレーションをしたいと考えたので、返事は保留しました。

花子も保留を受入れたので、面会交流の話に移りました。(第6話終了)

面会交流の合意は早かった|離婚物語7話もご覧下さい。
(※ 離婚物語全26話の目次はこちらにあります。)

今回の物語に関連する養育費の情報を↓でお伝えします。
物語の話とは少し逸れるので、興味のある方のみご覧下さい。

先ず養育費の相場については離婚に伴う養育費の相場を知りたいをご覧下さい。

今回、花子は養育費の相場を知るために養育費算定表を利用しました。
そして養育費算定表のような離婚情報を集める重要性を感じていました。
(※ 養育費算定表以外に加齢加算、ボーナス月払いなどの情報もあります。)

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるものなので、
養育費に限らず、正確な離婚条件(情報)を集めることは大切な作業になります。

ただ自分で情報を集める自信がない、集めた情報の真偽を判断出来ない。
当事務所ではこのような不安を離婚公正証書、離婚協議書作成を通じて解消します。
(※ 離婚公正証書の詳細はこちら、離婚協議書の詳細はこちらをご覧下さい。)

具体的にはご依頼後直ぐに「離婚チェックシート」をお渡ししています。

離婚チェックシートがあれば離婚条件を調べる時間を省略出来ます。
養育費(相場の話)以外の条件も含めて63個掲載(全13ページ)しています。
(※ 養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割、通知義務などを掲載。)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成を通じて、
協議離婚に悩んでいる方の不安などを解消させて頂きます。無料相談も実施中。