養育費のボーナス払いについて解説

養育費とボーナスの関係

養育費をボーナスで支払う

協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すので、
養育費の金額や支払方法についても、自由に決定出来ます。
(例 長女の養育費として20歳まで毎月3万円を支払う。)

一般的に養育費は毎月決まった金額を支払うことになりますが、
支払者の経済事情によっては、低額になるケースも十分あり得ます。

【養育費の話し合い】

妻「最低でも月3万円は払って欲しい。」
夫「色々支払があるから、月2万円が限界かな。」

養育費の金額は自由に決めれると言っても、
支払者の経済事情を考慮せずに養育費の金額を決めた場合、
未払いになるリスクが高く、話し合いが無駄になる可能性があります。

このような事情から、本音では月3万円を希望していても、
現実的には無理だなと諦めて、月2万円で受けいる方もいらっしゃいます。

このような状況を回避する方法として、養育費のボーナス月払いがあります。

妻「月2万円でいいけど、ボーナス月は追加してくれる?」
夫「ボーナス月の支払はないから、追加で払うことは出来るよ。」

仮にボーナス月に+6万円払うという合意が出来た場合、
年2回で12万円になるので、年額で考えると月3万円と同じ金額になります。
(例 毎月2万円×12回+ボーナス月6万円×2回=36万円。)

夫「子供のために多く払いたいけど、現実的には厳しい・・・」

支払者である夫がこのような気持ちを持っていた場合は、
養育費の支払方法をボーナス月併用にすることを検討して下さい。

Q「毎月の支払をなくして、ボーナス月だけ払う方法でもいいですか?」

お互いが納得しているのであれば、この方法でもいいですが、
1回の支払額が大きくなり、未払い率が高まることからお勧めは出来ません。
(注 その他にもお勧め出来ない理由はありますが、割愛させて頂きます。)

この方法で合意されたご依頼者様は1組もいらっしゃいません。

最後に支払者の会社がボーナスを支給していない場合は、
別の良案(代替案)がありますので、当事務所へお気軽にご相談下さい。