借金と養育費について解説

借金がある時の養育費

借金と養育費の関係について

協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すので、
養育費の金額や終期などについても、自由に決めることが出来ます。
(例 長女の養育費として専門学校を卒業する月まで毎月2万円支払う。)

養育費は子供の成長に欠かせないお金になるので、
仮に支払者に借金があっても「払わなくていい」とはなりません。

つまりどのような状況であれ、養育費の支払義務はなくなりません。

【養育費の話し合い】

夫「借金を考えると、月2万円が限界かな。」
妻「月4万円は欲しいけど、もらえるだけマシかな。」

本来、借金と養育費は別々(関係ない)に考えるものですが、
現実的な問題として、このように養育費の金額に影響が出やすいです。

仮に非現実的な金額で合意をしたとしても、
離婚後、支払者が約束通り払い続けてくれる保証はありません。
(例 借金と養育費を払うと、生活費がほとんど残らない状態になる。)

このような状況を避けるためには、養育費の金額を下げるしかありません。

Q「簡単に金額を下げることを受入れられますか?」

婚姻期間中は妻が家の財布を管理しているケースが多く、
当然に借金を把握しているので「仕方ない」と受入れるケースが多いです。
(例 夫の収入と支出を考えたら、養育費は2万円位しか払えないだろうな。)

Q「このようなケースで出来ることはありますか?」

例えば、夫の給与が上がった時に再協議をする約束や、
借金の支払が終わった翌月から、養育費の金額を上げる方法があります。
(例 将来、夫と妻に事情変更があれば、長女の養育費について改めて協議する。)

こういった約束をする場合は口約束ではなく、
離婚公正証書や離婚協議書といった証拠となる書面を作ることが大切です。

こういう訳で支払者に借金があるケースでは、
借金がない時に比べると、養育費の金額が低くなる可能性が高いです。