妻に養育費を請求する時の相場について解説

妻から養育費をもらう時の相場

妻が養育費を払う時の相場

協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すので、
子供の親権や養育費についても、自由に決めることが出来ます。
(例 長男の養育費として20歳まで毎月2万円を支払う。)

話し合いの結果、夫が子供の親権者になった場合、
妻に対して、子供の養育費を請求することが可能となります。

一般的に子供が幼い場合は妻(母親)が親権者になることが多いですが、
離婚時の状況や夫婦間の話し合いの結果、夫(父親)がなっても問題はありません。

【養育費の話し合い】

夫「いくらくらい払えるかな?」
妻「離婚後の生活も考えると1万円かな。」

先ず妻から養育費をもらう場合の相場については、
夫が支払う場合の相場と同じ考え方なので、今回は割愛させて頂きます。
(※ 詳しくは離婚に伴う養育費の相場を知りたいをご覧下さい。)

つまり支払者が夫でも妻でも、養育費の相場は同じ考え方となります。

ただ夫から養育費をもらう場合と妻から養育費をもらう場合では、
現実的な話として金額(相場)に違いが出やすいので、その理由を↓でお伝えします。

Q「妻から養育費をもらうのは格好悪いですか?」

離婚することによって夫婦は他人になりますが、
妻と子供は離れて暮らすことになっても、親子関係は変わりません。

養育費は夫へのお金ではなく「子供の成長のために使うお金」です。
子供の成長のためという視点を持てば、格好悪いという考えは生まれません。

つまり妻から養育費をもらうのは格好悪いことではなく大切なことです。
ただ養育費の金額については色々な考え方があるので、詳細は↓でお伝えします。

Q「妻から養育費をもらう場合、相場を考える人は多いですか?」

一般的に夫には収入があり、子供を育てる経済力もあるので、
妻に対しては「金額」ではなく「気持ち」を重要視していることが多いです。
(例 離れて暮らすことになっても、母親だという気持ちを忘れないで欲しい。)

つまり妻から養育費をもらうことになった場合、
相場を考える人は少なく、結果的に金額が相場より低くなることが多いです。

具体例として養育費算定表では「2~4万円」になっているけど、
相場ではなく子供への気持ちを優先し「1万円」で合意するケースなどです。

養育費算定表の詳細はこちらの「養育費は自由に決定出来る」をご覧下さい。

Q「他に夫から養育費をもらう場合との違いってありますか?」

夫から養育費をもらう場合、将来の未払い対策の1つとして、
未払いが起きた時に強制執行(差押え)が出来る、離婚公正証書を作る方が多いです。
(例 今月の養育費が振込まれていないから、給料の差押えの準備をする。)

逆に妻から養育費をもらう場合、未払い対策はメインではなく、
約束したことを忘れないで欲しいという思いから、離婚協議書を作る方が多いです。
(※ 離婚協議書には証拠としての価値はありますが、強制執行は出来ません。)

当事務所では離婚公正証書、離婚協議書を作成しています。
離婚公正証書の詳細はこちら、離婚協議書の詳細はこちらをご覧下さい。

補足ですが当事務所に作成のご依頼を頂いた場合、
協議離婚で必要な条件を掲載した離婚チェックシートをお渡ししています。

離婚チェックシートがあれば離婚条件を調べる時間を省略出来ます。
具体的には養育費以外の条件も含めて63個掲載(全13ページ)しています。
(※ 養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割、通知義務などを掲載。)

こういう訳で妻から養育費をもらう場合の相場については、
気持ちを優先することが多いので、各夫婦によって金額の差が生じやすいです。