イラストを使って協議離婚の進め方を解説

協議離婚成立までの流れ

何から始めたら良いか分からない・・・
全体の流れと進め方を理解出来れば、効率良く進めることが出来ます。

離婚をするか悩む

離婚したいと打ち明ける

夫婦に離婚意思があることを確認

子供の親権者を決定する

養育費等の条件を協議する

夫婦が離婚条件に合意する

離婚届を提出

離婚後の手続きを開始する

仕切り線1

協議離婚を効率良く進める方法

協議離婚に関するご相談はお任せ下さい

【目次】

● 協議離婚を効率良く進める方法
● 離婚情報の集め方
● 離婚情報を集めた後にすること
● 協議離婚の成立条件
● 協議離婚のメリットとデメリット
● 協議離婚で話し合って欲しいこと
● 離婚後のトラブルや不安を緩和する方法

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
離婚を希望する夫婦の約9割が協議離婚を選択するという特徴があります。

【離婚前の不安】

「1日でも早く別れたい。」
「何から始めて進めたら良いか分からない。」

こういった想いや疑問は、協議離婚の情報を集めることで解消出来ます。

協議離婚の情報はインターネット・書籍・専門家等から集め、
正しい情報を得ることが出来れば、効率良く話し合いを進めることが出来ます。
(注 インターネットには間違った情報もあるのでご注意下さい。)

仮に間違った情報をもとに話し合いを進めた場合、
離婚後のトラブル率が上がり、後悔する可能性もあるのでご注意下さい。
(例 離婚した後に養育費の支払額が相場より高いと知り減額を求められる。)

Q「どの方法で集めるのが一番良いですか?」

どの方法にもメリットとデメリットがあるので、
各ご夫婦の考え方や性格に合う方法で集めることをお勧めします。
(例 本を読むのが好きなので、協議離婚の書籍を購入して情報を集める。)

【離婚情報の集め方】

① インターネットで情報収集
② 集めた情報の上乗せのために専門家へ相談

当事務所ではインターネット+専門家へ相談することをお勧めします。

インターネット上には協議離婚に関する情報が多数掲載されており、
その多くを専門家(弁護士・司法書士・行政書士・カウンセラー)が作っています。

そして専門家の多くが無料相談を実施しているので、
インターネットで得た情報をもとに複数の専門家への相談をお勧めします。
(注 1人だけに相談した場合、偏った協議離婚の情報を得るリスクがあります。)

Q「無料相談をしたら依頼を求められませんか?」

正直な話、他の事務所の対応方法は分かりませんが、
当事務所では依頼を求めるような営業行為は一切行っておりません。
(※ 相談後、営業電話やDMを送付することもありません。)

このような不安を覚える場合は、メール相談から始めることをお勧めします。

【離婚情報を集めた後にすること】

① 集めた情報を整理する
② 相手に伝えたい条件をまとめる
③ 話し合いを開始する
④ 話し合いの終了=協議離婚の成立

先ず集めた情報の中には不要なものも含まれているので、
取捨選択をした上で、①離婚情報を整理することから始めて下さい。
(例 子供はいないから、養育費と面会交流は考えなくていい。)

協議離婚に必要な情報は100組の夫婦がいれば100通りになります。

次に協議離婚は夫婦間の話し合いで進めていくので、
相手に伝えたい養育費などの離婚条件をメモ用紙にまとめていきます。
(例 養育費は毎月4万円で月末までに払って欲しい。)

妻「養育費は4万円を希望します。」
夫「それは厳しいから3万円でどうかな?」

協議離婚は1回の話し合いでまとまる可能性は少なく、
このように夫婦間で協議を重ねて、最終的な合意を目指していきます。
(※ 全ての条件の合意が出来れば、離婚届を提出して終了です。)

協議離婚では納得出来るまで、真剣に話し合うという過程が一番大切です。

ちなみに協議離婚ではお金の話が最も揉めやすいので、
話し合う前に「譲れる点・譲れない点」を整理して準備しておくことも大切です。
(例 離婚後の生活資金として現金が必要だから、揉めた時は家電を多めに譲ろう。)

【離婚チェックシートを使えば時間短縮】

◇ 全13ページ63項目を掲載
◇ 協議離婚に必要な情報を全て網羅

当事務所では公正証書離婚や離婚協議書作成を行っており、
ご依頼を受けた場合、離婚チェックシートをお渡ししております。

離婚チェックシートには過去5年で1046件の相談を受けた経験を反映した、
養育費・面会交流・慰謝料・財産分与等、協議離婚に必要な情報を掲載しています。
(※ 特に養育費と面会交流に関する項目が多いです。)

上述の通り、協議離婚は自分で情報を集める必要がありますが、
その時間を短縮したい場合は、離婚チェックシートの活用をお勧めします。
(注 離婚チェックシートのみの販売は行っておりません。)

仕切り線1

協議離婚の成立条件を解説

協議離婚の成立条件は3つです

【協議離婚の成立条件】

① 双方に離婚の意思がある
② 子供の親権者を決定
③ 離婚届を提出

協議離婚はこの3点が揃えば成立します。

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚なので、
家庭裁判所で行う調停(裁判)離婚に比べて成立条件が少ないです。

ちなみに協議離婚に至った原因や理由が何であれ、
双方が納得し別れたいという意思があれば、協議離婚は成立します。
(例 価値感や性格の不一致・金銭問題・姑との問題など。)

【1日離婚も可能】

夫「性格が合わない。」
妻「私も同じだから、明日離婚届出そう。」

現実的ではないですが、成立条件が少ないことから、
このように1日で結論を出して、協議離婚を成立させることも可能です。

協議離婚の原因によっては別れたいという気持ちが高まって、
安易に1日離婚に合意すると、離婚した後に後悔する可能性もあります。
(例 不倫が原因で1日離婚をしたけど、慰謝料請求をしたら払わないと言われた。)

【協議離婚のメリットとデメリット】

◇ 手続きが少ない
◇ 第3者の関与を受けない
◆ 相手との話し合いが不十分になりやすい
(◇=メリット◆=デメリット)

上述の通り、協議離婚の成立条件は3つだけなので、
調停等に比べて手続きが少ないので、1日離婚をすることも可能です。

さらに調停離婚は家庭裁判所の関与を受けますが、
協議離婚の場合は第3者の関与を受けずに成立することが出来ます。

極端な例ですが、両親への報告を経ずに離婚届を提出しても構いません。
(注 法的には両親の関与を受けませんが、心情的には相談するべきです。)

Q「養育費や面会交流の話し合いは出来ないの?」
Q「慰謝料や財産分与、年金分割の請求は出来ないの?」

これらの離婚条件は協議離婚の成立条件に含まれないので、
各ご夫婦の自由な意思で「話し合う・話し合わない」の結論を出せます。
(例 保育園入園の関係で、養育費の話し合いをせずに離婚をする。)

ちなみに離婚後に話し合うことも可能ですが、相手が拒否するリスクがあります。

こういう訳で手続きが少ないというメリットがある一方、
養育費などの話し合いが不十分になってしまうというデメリットもあります。

協議離婚は自由度が高い代わりに自己責任も生じるので、
別れた後の人生をじっくりと考えた上で、離婚届に判を押すことが大切です。

特に養育費は子供の将来に役立つお金なので、
必要な情報を集めて、じっくりと話し合った上で結論を出して下さい。

仕切り線1

協議離婚で話し合って欲しいこと

協議離婚で話し合うべきこと

【主な離婚条件】

① 養育費
② 面会交流
③ 慰謝料
④ 財産分与
⑤ 年金分割

これまでお伝えした通り、①~⑤の離婚条件については、
協議離婚の成立条件に含まれないので「話し合う・話し合わない」は自由です。

ただ離婚した後の人生は話し合いの時間よりはるかに長いので、
自分や子供の将来のために納得出来るまで話し続けることをお勧めします。

例「養育費は毎月末日までに3万円を20歳まで支払う。」

先ず養育費は子供の将来に役立つお金になるので、
最低限、支払額・支払日・終期について協議することをお勧めします。
(※ 詳しくは養育費で最低限決めることをご覧下さい。)

例「毎月第一土曜日に子供との面会交流を実施する。」

次に面会交流は子供の成長に大切なものなので、
子供の意思を尊重した上で、出来る限り実現出来るよう努力して下さい。
(※ 詳しくは面会交流の決め方をご覧下さい。)

例「夫の不貞行為による慰謝料として妻に100万円を払う。」

次に慰謝料は離婚した後の生活費に充てることが出来るので、
支払者の経済力に見合った支払額になるように話し合うことをお勧めします。
(※ 詳しくは離婚慰謝料ってどんなものをご覧下さい。)

例「財産分与として預金100万円を半分ずつ分けた。」

次に財産分与は離婚した後のトラブルになりやすいので、
離婚協議の段階からしっかりと話し合って結論を出すことをお勧めします。
(※ 詳しくは財産分与とはという疑問の入門編をご覧下さい。)

例「年金分割の按分割合を0.5とすることで合意した。」

最後に年金分割の制度は分かりにくいと感じる方が多いですが、
婚姻期間が長い程、将来の年金受給額に影響が出るのでご注意下さい。
(※ 詳しくは年金分割とはという疑問の入門編ご覧下さい。)

仕切り線1

協議離婚のトラブルを緩和する方法

公正証書離婚と離婚協議書の効果

【協議離婚成立後の不安】

「養育費をきちんと払ってくれるかな?」
「離婚した後に揉めることがあったら嫌だな。」

仮に時間をかけて養育費などの合意が出来ても、
相手がそれを守ってくれる保証はなく、このような不安を抱える方が多いです。
(例 本当に養育費を毎月3万円を払ってくれるかな。)

こういった不安を和らげる方法として効果があるのは、
合意した内容を書面(離婚協議書又は公正証書離婚)に残すことです。
(※ 詳しくは離婚協議書の雛形公正証書離婚の文例をご覧下さい。)

各ご夫婦の判断で「書面に残す・残さない」の決定を出来ますが、
仮に残さないという結論を出した場合「口約束で終える」ことになります。

【未払いの不安を和らげる】

夫「今月の養育費は払いたくないな。」
妻「未払いの時は強制執行を検討します。」

公正証書離婚は簡単に作ることは出来ませんが、
強制執行(未払い時に給与等の差押え)というメリットを得られます。

この強制執行という保険を掛けるために、公正証書離婚を作る方が多いです。
(※ 詳しくは公正証書離婚の長所と短所をご覧下さい。)

【別れた後のトラブルを減らす】

夫「面会交流は月3回だろ?」
妻「離婚協議書には月1回と書いています。」

離婚協議書を作ることで証拠として使えるので、
このようなトラブルが起きた場合、どちらが正しいか直ぐに分かります。

さらに相手が悪意のあるウソを防ぐというメリットも得ることが出来ます。
(例 養育費を5万円で合意したのに、3万円だとウソを言ってくる。)

詳しくは離婚協議書の長所と短所をご覧下さい。

協議離婚では口約束で終えるご夫婦が多いですが、
新しい人生でつまずかないためにも、こういった書面を作ることも検討して下さい。